トップ / ベイザー後にも気を抜かないで

ベイザーでグラビア体型

ベイザー後にも気を抜かないで

ベイザー後の効果的な過ごし方

せっかくグラビアモデルのような体型を手に入れたのだから、その体型をキープしたいもの。ベイザーをした安心感から気を抜いて過ごしていると、いつの間にか施術前の体型に戻ってしまいます。そうならないためにも、現役のグラビアアイドルが実践している体型維持術を学びましょう。

食べる順番に気を付ける
ダイエット=食事制限と考えてしまいますが、リバウンドや無理な食事制限は栄養不足によるトラブルを引き起こしてしまいます。また、充分な栄養が体内に取り込まれないとエネルギーをため込んでしまうため太りやすい体質になり、バストも小さくなってしまいます。

それらを理解しているグラビアアイドルは、食事制限ではなく食べる順番に気を付けて過ごしています。食事の際は、野菜⇒たんぱく質を食べてから最後に炭水化物を摂っています。

脂肪の多い肉料理などを最初に食べてしまうと、空腹を感じていた体が一気に脂肪を吸収してしまいます。先に野菜などでお腹がふくれてから食べることで、脂肪の過剰な摂取を防ぎ食べ過ぎの予防にもなります。また、撮影などでお弁当を食べる場合には、野菜ジュースを飲んでから食べているようです。

胸を揺らさない
ベイザー脂肪吸引法では特殊な機器から出るベイザー波の振動によって脂肪を破壊すると説明しましたが、脂肪は振動に弱い性質があります。それと同様に、バストを激しく揺らしてしまうと少しずつ脂肪が破壊されて胸が小さくなってしまいます。

さらには、胸が垂れてしまうこともあるので、走ってバストを揺らしたりしないように早歩きをするようにしましょう。自宅やスポーツジムなどで筋力トレーニングを行っているグラビアアイドルもいますが、スポーツブラで胸を保護するなどの対策もしています。

Copyright © グラビアモデルと一般人の体型. All rights reserved.